パチンコ 和歌山 紀の川市

パチンコ 和歌山 紀の川市

教えてくれて助かった

 なあ、ついでにどこか、休める場所ってねぇ? 厩でも、物置でも、なんでもいい」 そう言われて、言葉に詰まった

 厩も、物置もある

けれど、館は危険だ

「……村に……

村の人は、親切だから……きっと、大丈夫だから……」 二歩、後退りしながら、そう伝えると、その人は顔を上げて、頭を掻いた

あなたも好きかも:赤穂 スロット 爆 サイ
「ああ…悪いな、怖かったか

汚ねぇカッコだしな

あなたも好きかも:パチスロ 新 鬼武 者 新台
すまん」 陽に焼けた、小麦色の肌をしていた

 外套の影になったままで、目は見えなかったけれど、鼻と、無精髭がまばらな口元は、優しそうだと思った

「ち、違います

怖くない

僕が……危ないんです

あなたも好きかも:フェアリン パチスロ
だから、貴方は悪くない」 ごめんなさいと謝って、逃げた

 館の手前で、息を整えて、何事もなかったかの様に戻り、振る舞った

 だけど、あの人が気になっていてた