セイクリッドセブン スロット art終了画面

セイクリッドセブン スロット art終了画面

 そんなリラックスタイムの中で、カルラ王が身体をブルブルとさせながら口を開く

「ようやく、第五十階層を越えたようだな」 やはりカルラ王はその事実を知っていたようである

ダンジョンマスターならば当然と風音も特に不思議には思わずに頷いた

あなたも好きかも:akb パチンコ 誇りの丘設置店
「越えたけど……プルプルしてる人とはなんか話したくない」 自分もこれからひとっ風呂入りたくて仕方がなかったので真っ先にこの場に来た風音の言葉にカルラ王がフッと笑う

ちなみに他のメンバーは一旦は解散して各自それぞれに動いている

なので、そのうち浴場にも訪れるだろうと思われた

「それでどうだ

そろそろお前でも厳しくなってきたのではないか?」「む?」 無視できない言葉に風音が反応した

それは単純にダンジョンが難しくなってきただろう……と尋ねているようにもとれたが、風音個人に対しての含みがあるようにも思えた

あなたも好きかも:スロット 土浦
そして訝しげな視線を向けた風音を気にせず、カルラ王は話を続ける

「現在、金翅鳥(こんじちょう)神殿にもっとも深く潜っているのはお前たちではないが、その戦闘力においてもっとも強大であるのは白き一団なのは間違いがない

そしてダンジョンはお前たちを最大の敵と認識し最適化しつつあるようだ」「?」 風音が首を傾げる