いろは パチスロ 引退

いろは パチスロ 引退

「わたくし、古い言い回しは聖典で慣れていますし、ダンケルフェルガーの歴史の長さや厚みに圧倒されました

とても楽しかったです」「楽しんでいただけたのですね」 安堵したようにハンネローレが微笑む

その笑顔に甘えて、わたしはハンネローレに大事なお願いする

あなたも好きかも:タマムシシティ カジノ
「それで、その、わたくし、ハンネローレ様にお願いがあるのです」「何でしょう?」「わたくし、ダンケルフェルガーの歴史書を現代語訳したのですけれど、間違っていないか、確認して欲しいのです」「……え?」 目を瞬くハンネローレやクラリッサにハルトムートが現代語訳した原稿の束を差し出す

クラリッサが手に取って、パラパラと中を改めながら目を剥いた

あなたも好きかも:蒼き鋼のアルペジオ スロット 天井期待値
「量がございますから、この場で間違いがあるかどうかを確認するのは難しいと存じます」「もちろんお貸しいたします

この場で確認していただきたいわけではございません」 わたしの言葉にハンネローレが「それでしたら、確認させていただきます」と快く引き受けてくれた

「それから、せっかく書いたので、エーレンフェストで本にしたいのですけれど、お許しいただけませんか?」「ダンケルフェルガーの歴史をエーレンフェストで本にするのですか?」 ハンネローレが不可解と言いたげな表情になって、自分の側仕えに視線を向ける

他の領地の歴史が綴られた本を読むのはとても楽しいのだが、あまりそういう楽しみ方はしないのだろうか

それとも、禁帯出なのだろうか

「……さすがにわたくしの一存では決められません

その、原稿を一度持ち帰り、アウブに相談させていただいてよろしいですか?」「はい、よろしくお願いいたします」 ……アウブ・ダンケルフェルガーが快く許可してくれますように

あなたも好きかも:必殺仕置人 パチンコ キャスト
「では、わたくしからはこちらの資料をお貸しいたしましょう

司書の気分に浸れるかもしれません」 ソランジュが数代前の司書が書いていた仕事の報告書を貸してくれた

突然、上級貴族の司書がいなくなったソランジュが参考にしながら仕事をしていた大事な報告書らしい