パチンコらんま 1 2

パチンコらんま 1 2

ちと難しいの……種族が違う……は、難しいか……うむ

お互いがお互い、嫌いなところが多いんじゃよ」「嫌いなところ……?」 祖父が何とか発した

互いに嫌なところが多いと言う言葉

それを聞き、首を傾げながら祖父に返す少女

あなたも好きかも:スロット 新台 デビルマン
 その言葉に対し、座っている祖父は頷いて返す

 「うむ

『──』も痛いのは嫌じゃろ?」 「うん

痛いのは嫌い……あっ、そっか」 祖父は少女に向けて痛みは嫌かと尋ね、その質問に返す少女はあっ、と何かを思い付いたような反応を示す

 祖父が例えた事、それは"──"と呼ばれた少女は痛い事が嫌いと言う

あなたも好きかも:マイナビ 仙台 パチンコ
つまり、人間と魔族は互いに相手を痛みのような存在と認識しているという事

あなたも好きかも:スロット はまる
「人間と魔族……お互いは昔に、痛みを与え、与えられてきたからの

その傷がまだ癒えていないのじゃろ

そういうことなのじゃ、──よ」 目を細め、畑で作業する人々ではなくその向こう側の空を見て言葉を続ける祖父

その目は何処か寂し気であり、相容《あいい》れない二つの種族に何かを思うようだった

 その目に気付いているのか定かでは無いが、少女は気になった事を話す

「ふうん……でも、傷っていつか治るよね? 私もよく怪我するけど、気付いたら治っているもん」「そうじゃな

傷は治る

治ればまた、共に歩める日が来るやも知れぬ」 少女の言葉を聞き、ホッホッ

と、笑って返す