スロット 地獄少女 朝一

スロット 地獄少女 朝一

ど、どうもっス

あなたも好きかも:パチンコ ナポリ 岩見沢
オレ……わ、私はオックスと申します

その節はお世話になりました」 ユーリさんは自己紹介を済ませると、僕らについて来いと手を問題の豪邸の方へと向けた

僕らには拒む理由も怪しむ余裕も無く、微妙に居心地の悪い騎士達の視線の中を進んだ

「……申し訳無い、どうにも乱暴な連中で

立場にあぐらをかくべからず、とはいつも説いているのですが……私の力が及ばず」 建物の中に入ると、ユーリさんは厳格な騎士の顔から申し訳なさを前面に押し出した疲れ切った男の顔になった

豪華絢爛と言うに相応しいこの豪邸には似つかわしくない、庶民的なとっつきやすい人物像がそこにある

あなたも好きかも:スロット 呪怨 やめどき
「いえいえっ、そんな……お疲れ様です

助かりました

今日も、あの時も」 そう言ってもらえると

と、ユーリさんは笑ってくれた

やはりというか、こう……爽やかで気持ちの良い人物だ

あなたも好きかも:パチスロ バッチ
騎士道とはこういうものだろうな

と、この人やアーヴィンの隻脚のシェフに思ってしまう