カジノ・クーペ

カジノ・クーペ

でも、あのお酒を飲んだお陰で少しだけ落ち着いたんだよ

とは言え、騎士棟にいるなら働けってヒルドにこき使われているけどね」「ふふ

でもノアは、そんなヒルドさんが大好きですものね」(怖い女性がいるのかもしれないけれど、今日はヒルドさんの側にいたいのかな………)夏至祭の前日である今日は、ヒルドが生まれた日だ

同時に彼の家族の命日でもあるこの日は、ノアからすると、大切な友人が心配な日でもあるのだろう

ディノやアルテアもそうだが、魔物は己の心を傾けた者には何かと過保護な生き物なのだ

(ゼノ曰く、ザルツの伯爵さん達のところにいたアルテアさんは、その計画をある程度のところで頓挫させるつもりだったみたいだし…………)アルテアは、グラストが狙われていると考えていたのだそうだ

あなたも好きかも:ひぐらし スロット 新台 天井
グラストはゼノーシュの領域のひとだが、それでも自分に近しいものとして彼を気にかけてくれたことが、ネアは何だか嬉しかった

(去年の夏至祭の時もちょっと家族だったけど、今年はアルテアさんもぐっと近くなったな…………)呑気にそんな事を考えていたから、事故は起きたのだろう

「そう言えばネア、花輪の塔の仕上げが思ってたより早く済むって騎士達が話してたよ」「なぬ?!し、仕上げを見に行くのです!急いで広場の見えるところに移動しますね!!」「おい……!」騎士棟の入り口のところでノア達と別れる時に、そんなことを知らされたネアはとても焦った

風のような速さで現場に駆けつけるべく、しゅばっと駆け出して階段を飛び降りたところで、事件は起こった

ぎょっとしたようなアルテアの声に立ち止まろうとした瞬間、視界が灰色に煙ったのだ

「ネア!」「む?…………むぎゃ?!」ざざんと、激しい土砂降りの雨が降り注いだ時、ネアはちょうど屋根のないところにいた

あなたも好きかも:ジョーズ パチンコ 319 評価
慌てたディノが結界を張ろうとしてくれたのだが、ネアが思っていたよりも素早く動いてしまったらしく、それも間に合わなかったのだ

「………………むぎゅるるる」ずぶ濡れで雨の中に立ったネアを、ディノが慌てて持ち上げる

「可哀想に、すぐに乾かしてあげるよ」「花輪の塔の仕上げの直後の雨は、確か布告の雨だったな

夏至祭のあわいの者達からの宣戦布告を、無事に受け取れたようじゃないか」「むぐる!!…………おのれ、この恨みは忘れません

明日の夏至祭で悪いやつがいたら、慈悲なく殲滅するのです!」「ご主人様……………」「わーお…………」怒りの収まらなかった人間は、その日の夜、明日は倒し甲斐のある邪悪な敵に巡り会えますようにと星に祈っておいた

今年も夏至祭の当日となった