土曜日 パチンコ イベント

土曜日 パチンコ イベント

「一応、俺の方で口止めはしといたが、マジリア魔具工房が食いついてきてな

あなたも好きかも:パチンコ 古い台 打てる
しゃーねえんでおめえさんの名前で技術的な特許登録をさせてもらったぜ」「そんなものがあるんだねえ」 と、風音は驚く

特許などという言葉がここで出てくるとは思わなかったのである

「使用に関しちゃおめえの許諾がいることになってる

あくまで建前は、だがな」 黙って使われる可能性も高いと暗に親方が言う

だが風音にはあれはゴーレム使いの系統の人間以外にはまともに使える代物ではないという知識があるのでそれほど重要視する必要はないと考えた

あなたも好きかも:ゴッド パチンコ 朝一
「まあいいよ

あなたも好きかも:蒼天の拳 パチンコ 天授の儀 恩恵
それよりも実際に試してみても良い?」「ああ、俺もどういうものか見てみてえからな

さっさとやっちまいな」 そう言われて風音は杖『白炎』を取り出し、その兜もどきにつける

「スキル・ゴーレムメーカー・タツヨシくん」 風音のスキルが発動しガタンと兜もどきが動いた

「なんですの?」 兜の中から何かがガシャガシャと音を立てて組み上がってくる

何層にも組み上げられた蛇腹上の鋼が形を表し、次第に手が、足が、指がと人型に変わっていく

そして組み上げられたそれは風音よりも一回り小さい鋼の人形となった

「ほぉ、ちゃんと形になりやがった」「うん