佐野 パチスロ イベント

佐野 パチスロ イベント

彼自身、追い詰められているということは、その言動からも明らかだ

「まったく……踏んだり蹴ったりとはまさにこのことだな

ようやく安定期を迎えたクルセルクを手放す必要に迫られた上、ザルワーンにも光明はないときた」「だから、交渉なんだろう」「なに?」「俺はなにも、あんたらを受け入れないとは、いっていないんだぜ?」「受け入れ……なんだと?」「あんたたちがザルワーンの制圧、支配を諦め、仮政府の保護下に入るというのであれば、認めてやってもいいといっているんだ」「仮政府の保護下……か」 なにがおかしいのか、彼は肩を震わせた

あなたも好きかも:カジノ 法則
哄笑が響く

「くっ……くはは、随分と見くびられたものだな

我々はザイオン帝国の軍人だぞ

あなたも好きかも:南越谷 パチンコ屋
かつて、大陸を四部に分けた三大勢力の一角たる、栄誉ある帝国の軍人なのだぞ

貴公らに小国家群の、弱小国の人間に情けをかけられるいわれなどあろうか」「その大陸は壊れた

ばらばらに引き裂かれ、三大勢力もいまや形も失ってしまった

どう息巻いたところで、あんたらには俺たちを震え上がらせられるような後ろ盾なんてないのさ」 それどころか、彼らの背後には、第三勢力の脅威が迫っているという

どれだけ虚勢を張ったところで、セツナたちが優位であることに違いはないのだ

だが、レング=フォーネフェルはむしろ考えを強固にしたようだった

「なんといわれようと、我々の立場に変わりはない

我々は、シウェルハイン皇帝陛下に忠誠を誓い、人生のすべてを捧げた帝国軍人

いかな身の上に落ちぶれようとも、この胸に刻まれた誇りだけは揺るがぬものと思い知れ」「あくまで、帝国のために戦うというのか」「そうだ

なにものにも屈することなく戦い抜く