田原 ぱちんこ

田原 ぱちんこ

 もちろん、会食中は緊張感が半端なものではなく、《獅子の尾》の仲間たちがいなければ、緊張のあまり卒倒していたのではないかと思ったほどだった

そのことをいうとファリアとミリュウは大いに笑ったが、セツナにしてみれば笑いどころではなかった

「こういうのは俺には合わないんだよ」「でも、領伯様には慣れていただかないとねえ」「そ、そりゃあそうだけど……さあ」 マリア=スコールの意見には、反論のしようがなかったが

 十二月五日

 結婚式を前日に控え、王都の盛り上がりは頂点に至ろうとしていた

 招待国の内、まだ到着していなかった国々の面々が、つぎつぎと王都の地を踏んだ

アザーク、ミオン、イシカ、メレドである

 アザークからは第二王子カリス・レウス=アザークがアザークの代表として来訪し、ミオンからは国王イシウス・レイ=ミオンと突撃将軍ギルバート=ハーディが、メレドからは国王サリウス・レイ=メレド、イシカからは第一王子ルース・レウス=イシカが、それぞれ自国の軍勢に護られながら、王都に到着した

 アザークの王子は、国王が参列できなかったのは病を患ったためであると釈明するとともに、レオンガンドが、度々ガンディア領土に攻め込んでいるアザークを無視しなかったことに感謝した

あなたも好きかも:パチンコ 無料 動画 新台
そして、今後はアザークとガンディアの関係が友好的なものになるように約束し、その証として、カリス王子の名が刻まれた剣をレオンガンドに捧げた

レオンガンドは、返礼として宝剣グラスオリオンの折れた刀身の破片から作ったという短剣状の宝飾品を与え、カリス王子がアザークの代表として参列してくれることに感謝を示したという

あなたも好きかも:パチスロ スレッド
 ミオンの王は、レオンガンドを実の兄のように慕っていたらしく、王宮で対面するなり、飛びつかんばかりの勢いだったらしい

あなたも好きかも:せかつよ パチンコ
その場にいたリノンクレアが嫉妬を覚えるほどだったというのだから、イシウス王のレオンガンドへの態度もわかろうというものだ

「セツナに対するエイン軍団長みたいなものかしら」「あいつほどじゃないわよ、きっと」「もしかして、ミリュウってエインのこと嫌ってる?」「セツナに付きまとうやつ、みんな嫌いよ」 そう告げる彼女の目は、いつになく冷ややかだった

そこにいつものミリュウはおらず、魔龍としての彼女がいるように思えたのだが、彼女はこうも付け足すのだ

「ファリアは特別だけどね」 ファリアの名を口にするミリュウの表情は、柔らかで、一瞬前までの剣呑な目つきからは想像できない変化だった