パチスロ 目押しいらない

パチスロ 目押しいらない

この世の方が私にとっては生きやすいかもしれません」 水瀬はそう言いきってから、腰に携えている刀を撫でる

 確かに、今まで刀は男だけが持つものだというのが常識だった

 だがそれを水瀬は無視して、父親の持つ技術を教えてもらっていた

 周囲から見れば、女が刀を持つこと自体が異常なことだ

あなたも好きかも:【カジノ】アメーバピグのカジノ
 水瀬は自分に与えられた技術に誇りを持っているようだった、 それ故に、他者からその力を非難されるのは苦痛だっただろう

 だがこの世界では、その力を存分に発揮できる

 人を斬るのは好きではないが、その力が他人を助けることに繋がっている

 それだけは揺るがない事実だった

あなたも好きかも:パチスロ 勝てる台
 流石に骸漁りをするのは少しばかり罪悪感を覚えたが、自分が生きていくためには仕方がない事だ

 それを木幕が否定することは無かったし、山賊であれば、と様々な人物がその行為を許してくれたらしい

「ですから……私は奴を斬らねばなりません」「……」 脈絡も何もなく、水瀬はそう呟いた

 その意味を木幕はすぐに理解する