スロット ゴッド やめ どき

スロット ゴッド やめ どき

堂々としていれば貫禄も出てくるかもね」「意外は余計だ

あなたも好きかも:山口 市 パチンコ 店
でも……うん

秘書が下向いてたら、お前まで信頼されなくなっちゃうよな

よし、そうと決まればしっかり準備するか!」 準備って、例えば? なんて可愛い顔して尋ねてくるミラに、これだと胸を張って見せられる答えが無い

だってまぁ……非常食も魔具の材料も例の霊薬も、更にはいつかの反省もあってか薬もいくつか持ち歩いている

うん……その、なんだ

さっき自分で挙げた例は、全部もうミラがやった後なんだよな

「…………そうだな

うーん……………………と、取り敢えずクエストでも見てみるか? 先立つものは何かにつけて必要になるわけだし」「そうね

お金もそうだけど、依頼を見ればこの街がどんな状況にあるのかも分かるものね

魔獣の出現頻度はどうか、とか

あなたも好きかも:パチンコ ぽぽ
作物はどうか、合わせて土壌を良くする錬金術師はいるのか、とか」 そ、そうそう! それそれ! うう……自分のこと、それも目先のことしか考えらんないのか僕は……って、落ち込んでる場合では無い

まだ約束の時間まで四十分ある

街で困ってる人を助けるのだって、勇者様の立派なお勤めだ! クエストカウンターを覗いたミラは、なんだか少しだけ上機嫌だった

もしかして、この街には大きな依頼は無い感じかな? 厄介な魔獣も出て無い、干ばつや水害なんかの作物への被害も無い