スロット 雑学

スロット 雑学

 作業着で果実(かじつ)を収穫していた

「今年も立派なのが穫れた」 ずっしりとした感触

あなたも好きかも:ワンセット防具 スロット
 実の詰まった重みを確かめてカゴに入れる

 星空色(ほしぞらいろ)の髪を紐で束ねた女性は額の汗を拭った

あなたも好きかも:ペネロピムーン
 カゴを抱えて細いあぜ道を進む

「大量、たいりょう」「セイン」「あら、魔竜王さま」 星空髪の女性セインが髪の紐を解く

 背中まではらりと花びらのごとく広がった

「勇者はいいの?」「下っ端がどうにかする」「相変わらず冷たいね、久しぶりにお姉ちゃんって呼んでみてよ」「や」 セインの言葉にそっぽを向く

 水色がかった銀髪の少女が腕を組む

あなたも好きかも:関西 パチンコ 特定日
 漆黒のドレスから晒した肩や背中は白く、切れ長な目でセインを見つめた

水色の瞳は冷たく、しかし永らく傍(そば)で見守ってきた彼女だからこそほんのわずかだが親しみがあると読み取れる

 ふと少女が背後の城を見やった

 薄桃色の唇の隙間から嘆息が漏れる

「セイン、畑仕事?」「そ、楽しいわよ

…………やる?」「勇者が来てる」「あなたも仕事ができたのね」「ん」「…………この数千年で立派になっちゃって」 少女がふんと鼻を鳴らす

 肩にかかる長い銀髪とともに身を翻(ひるがえ)した

 セインはその背中に微笑みを向ける

「いってらっしゃい、レイン」 去っていく背中に妹の名をささやく

 魔竜王レイン