物語シリーズ パチンコ 天井

物語シリーズ パチンコ 天井

「授乳のお時間ですよ~

」先程の看護婦が2階から希望を連れて室内へと入ってきてくれたのだ

「二人ともお腹が空いて仕方がないようですので、お母さんとしてちゃんとお腹を満たしてあげてくださいね~

」陽気に話しかける看護婦が『二人の子供』のうちの一方を差し出してくる

「抱き方はもう覚えましたか?」「ええ、大丈夫です

」ひそかに練習していたのだろう

菜々子に不安はないようだった

「任せてください

」母として誇らしく答えてから生まれたばかりの赤子をしっかりと抱き締めたことで、先程まで元気良く泣いていたはずの赤子が少しずつ穏やかになっていく

あなたも好きかも:パチスロ 検定 基準
「…はぅ…ぁ…ぅ…

あなたも好きかも:冬ソナ パチンコ 設定
」「あらあら、ちゃんとお母さんが分かるんですね~

」順番待ちしているもう一人の赤子は全力で泣き叫んでいるのだが、先に母に抱かれた赤子はどこか嬉しそうに見えた

あなたも好きかも:Tasty Win
「…ふふっ

良い子ね

」いとおしさを噛み締めてしっかりと子供を抱く

そんな菜々子の幸せそうな表情を見守ってから赤子の授乳に背を向けようとしたのだが

そのままで良いですよ