アベンジャーズ スロット ハルク

アベンジャーズ スロット ハルク

「つまり、あの日、迷宮に僕がいたのは、千年前から『想起収束(ドロップ)』されたから……?」 答えを得てしまい、僕は震えながら、自分の両の手のひらを見つめる

 それが本当に自分自身のものか信じられなくなる

 それどころか、『化け物』の手に見えてくる

「僕も他の守護者(ガーディアン)たちと同じように、迷宮に『想起収束(ドロップ)』されたモンスターなのか?」 初めから持っていたスキル『次元魔法』、『氷結魔法』、『剣術』

 高い素質とステータス

あなたも好きかも:パチスロ 大都
そして、迷宮へ唐突に現れたこと

あなたも好きかも:カジノ 顧客
 その情報から導き出される答えは、僕が守護者(ガーディアン)という可能性

 もし、僕が守護者(ガーディアン)というのならば、僕が異世界に来たとき持っていたスキルの説明もつく

あなたも好きかも:三軒茶屋 パチンコ バイト
 僕が『次元の理を盗むもの』の可能性は高い

 いや、氷結魔法が先天スキルで、次元魔法が後天スキルとなっているから、僕は『氷の理を盗むもの』、もしくは『水の理を盗むもの』なのかもしれない

編み出した魔法も、どちらかといえば雪や冬のイメージが強い

だから、アイドは僕を『水の理を盗むもの』と呼んだ……? 少し前、ローウェンは30層に合わせた力で呼ばれたと言っていた

本来の3割程度だとぼやいていた

 つまり、僕は1層に呼ばれたから、1層に合わせてレベル1になっていた……?「――それだけじゃない」 こんなにも相川渦波が優遇されている理由

 『注視』『持ち物』『表示』といった多くのシステム

 おそらく、これを開発したのも『相川渦波』なのだ