パチンコ ギルティクラウン 設置店

パチンコ ギルティクラウン 設置店

ならば、我々はなんとしてでも生き延びなければならない

たとえこの世界が地獄と変わり果てても、泥水を啜ってでも生きていかなければならない

それがルクスの想いに応えるということ……!」「んなこたあ、いわれなくてもわかってんだよっ!」 シグルドは、ただただ叫んだ

血反吐を吐くような想いで、喉が張り裂けそうなほどに声を上げる

あなたも好きかも:ミルキィホームズ スロット 6話
それほどまでに叫んでもまだ足りない

もっともっと声を出さなければ、彼には届かない

彼に届くほどの声を発するのだ

でなければ、悲しいだけだ

あなたも好きかも:レイブ スロット フリーズ 確率
「でもなあ、でもよお、あいつは、なんで……っ、くそっ!」 想いが溢れすぎて、言葉にならないまま、彼は、前方へと続く道を見やった

 遥か遠方まで、道ができているのだ

 二十万超の敵陣の真っ只中に作られた道には、敵兵が入ってくることはなかった

なぜならば道の両側には地面が盛り上がって巨大な壁ができあがっているからであり、シグルドたちは、ヴァシュタリア軍が展開する真っ只中を極めて安全に、北に向かって進むことができていた

 両側を分厚い土壁に護られた道は、戦場の彼方まで続いている

ヴァシュタリア軍がシグルドたちを追撃するには、壁を乗り越えるか、道の北端までいって回りこんでくるしかない

壁は、シグルドたちの後方にも聳えているのだ

そしてその壁を乗り越えるのは、常人には不可能に近い上、ヴァシュタリア軍の翼持ちの兵士はルクスによってことごとく撃破されている

追撃の心配があるとしても、限りなく低い

「この道を行けば、この戦場からは脱出できそうです」「それで、どうなるってんだ」 シグルドは、益体もなく悪態をついた

「マルスールもマイラムもレコンダールも、どこもかしこもヴァシュタリア軍の支配下だろ」 どこへ行こうと、敵ばかりだ