カジノ うたい文句

カジノ うたい文句

サイの情報網がもたらしたナグラシアの防備が薄いという情報を元に、サイが立案し、発動した作戦なのだ

奪還部隊の人員こそゲイリーが選び抜いたものの、それはゲイリーのほうが兵士ひとりひとりの実力をよく知っているからであり、それはサイも認めるところだ

あなたも好きかも:パチンコ プログ
 ゲイリーは、ナグラシア奪還のために、第四龍鱗軍の中でも精鋭中の精鋭を選抜したのだ

もちろん、千人のうちの五百人が、彼のいう精鋭ではない

半数も精鋭がいるのなら、第四龍鱗軍の戦力は他の龍鱗軍を圧倒することになる

もちろん、それはそれでいいのだが、実際問題、五百人も精鋭がいるはずもない

あなたも好きかも:パチスロ アプリ 化物語
 奪還部隊は、百人の精鋭と二百人の猛者、二百人の勇士によって構成され、ゲイリーはその芸術品のように研ぎ澄まされた部隊構成に満足したものだ

しかし、不安はあった

本当にナグラシアの防衛戦力は少ないのか

スマアダの防衛戦力を割くほどの価値のある作戦なのか

無論、ナグラシアを奪還できれば、ガンディア軍にとっては痛手となり、ザルワーンにとっては好機が生まれるきっかけとなるだろう

ザルワーンにとって不利な情勢を覆しうる一撃となる可能性も大いにあった

だから、サイは執拗にナグラシアの奪還にこだわったに違いない

彼としては、ザルワーンの逆転の立役者となることで、将来の道を切り開きたかったのだろう

地方都市の翼将で収まるような人間ではないのだと、普段から公言してはばからない人物だった

 だが、ナグラシアの守備部隊は、奪還部隊を上回る人数であり、その圧倒的な攻撃力によって奪還部隊を瞬く間に壊滅状態に追いやった

 ゲイリーが部隊長から報告を聞いた限りでは、五百人いたはずの奪還部隊は三百人以下にまで減少していた

半数以下にならなかったのは、不幸中の幸いというものかもしれないのだが、到底喜べる結果ではない

ナグラシア突入当時、あれだけ高かった士気も、いまでは無残なものに成り果てている