パチスロ 裏話

パチスロ 裏話

 その間少々暇になったのでイリアスとウルフェを連れてクアマの街並みを観光している

 なんやかんやでクアマの街をしっかりと見ていなかったので丁度良い機会だ

 ターイズに比べ冒険者風の人物が多く、何より亜人の比率が段違いだ

 こういった違いを見るとマリトがターイズを固い国だと言っていた理由も実感できる

 ターイズではギルドの影響力がないため亜人を受け入れやすいリオドの仕事場がない

 そのことからかターイズに唯一根を張っているシュナイトに所属する亜人もターイズを敬遠しているのだろう

 ターイズを避けたがる理由は他にもある、それは隣接する魔界のせいだ

あなたも好きかも:まどか 前後編 スロット ゾーン
 亜人は人間に対しては勇猛であったが魔王に対しては臆病だったと聞く

あなたも好きかも:パチンコ クラブハウス本店
 その中でも危険度の高いメジス魔界、ターイズ魔界は獣の血が混ざっている亜人からすれば本能的に避けたい場所なのかもしれない

「それにしてもクアマは亜人が多いな、ターイズも早く亜人にとって親しみやすい国になれば良いのだが」「その辺はマリトと黒狼族が良い切っ掛けになるだろうよ」「そうだな、陛下ならばきっとやり遂げてみせるだろう」 そして一番の目玉、『勇者の指標』のある広場へと到着する

 飾り気のない広場の中央に大きな石碑がそびえ立っているがこれがそうなのか

 石碑に掘られている文字には過去に湯倉成也がこの土地を訪れ、凄まじい早さで魔界へと攻め入り『蒼』を倒したことを無駄に長ったらしく刻んである

あなたも好きかも:パチスロ 号機とは
「これに触れれば湯倉成也の記憶が見れるのか?」 ペタペタと触ってみるが特に変化はない

「恐らくは魔力を通して触れれば良いのだろう」「魔力ないんだが」「そうだったな、ならそのまま手を当てていてくれ」 石碑に当てている手の上にイリアスが手を重ねる

 そしてほのかに熱が伝わる感触が流れ込んだと思った瞬間、視界が広場から荒野へと変化した