北斗の拳 修羅の国 スロット 天井

北斗の拳 修羅の国 スロット 天井

 その果てに、なんとか風の矢の雨を掻い潜り切る

あなたも好きかも:エキゾチック・フルーツ・デラックス
だが、斬り払えずに残った矢は、まだまだある

その風の矢たちは軌道を変えて、再度襲ってくる――だから、また後方に跳びつつ、何度も斬り払って斬り払って斬り払って――を繰り返し続ける

 ――そして、数秒後、無傷の僕だけが残り、無数の風の矢(ワインドアロー)は全て剣によって霧散した

「な、ななっ!? 全部払ったぁあ――!?」 全てを剣で処理され、ロードは驚きの声をあげる

「……余裕だ!!」 僕も少し驚いている

あなたも好きかも:バカラ オノロジー
 けれど、手に持った自分の剣を見つめたあと、とりあえず強気に宣言してみた

 戦闘時間が長引けば長引くほど、僕が有利になるのは知っている

それにしてもおかしいと思った

 いま僕は、本当に演算とも言えるような思考速度で、恐ろしく鋭い読みで矢を払っていった

それはまるで、既知の未来に近づいているような感覚で――降り注ぐ矢の雨に既視感(デジャヴ)を覚えたほどだ

あなたも好きかも:イニシャルd スロット 楽曲
 この空間に満たされた魔力を見つめて、小さく僕は言葉を漏らす

「もしかして(・・・・・)……」 いまのは《ディメンション・決戦演算(グラディエイト)》じゃなくて――「な、ならば! かわしても無駄な魔法を使うまでじゃ! これを妾に使わせたことを後悔するといい――!!」 風の矢を防がれたロードは、めげることなく次の魔法を構築しようとする