スロット 吉宗 朝一

スロット 吉宗 朝一

漏らしそうであったわ……いや、漏らさない漏らさない

まあ、八つ裂きにしてやったがな……誰もおらんのに我輩は何を話しちゃってるんだろう」 独り言の多い変人である

しかし、彼の発言に関しては……頭がおかしい内容になるが事実である

「おや? そこにいるは……おい、大丈夫か? 何やら倒れているようだが」「…………ほっといて」「放っておけと? 倒れている女人を放っておくのは我輩の吸血鬼の誇りに傷がつく! 腹でも減ってるのか? それともお腹が痛い? トイレ行きたいなら運んでもいいけど」「違うぅっ! もー! 放っておいてよ!」 頭がおかしい変人、自称吸血鬼

吸血鬼のくせに海を走って渡ってくるとんでもない人物

そもそも吸血鬼が人助けをするものかと疑問である

貴族的観点で誇り云々だと考えても倒れている女性を助けることがそれに繋がるのかは少々疑問が湧く

あなたも好きかも:リゼロ スロット ゼロかラッシュ 確率
「名前をとって人を殺すのにも……何が楽しいのか、何の意味があるのかわからなくなったの

あなたも好きかも:スロット ゴリラ 郡山
もう放っておいて

このまま死んでいきたいんだ……」「名前をとる?」「名無しの怪物、名取りの怪物って呼ばれることもあったかな

誰かの名前をとって、それでそいつの生きてきたものから経験、知識、強さ、いろんなものを得る

でもそいつはそれで名前を無くして消えちゃうし、そんなことして得た名前も私の名前じゃない

私って何? 何なの? 何のために生きてるの? そんなふうに考えて、もう何もかもヤになったから