パチンコ ベノム 右打ち

パチンコ ベノム 右打ち

ふかふかクッションはそんな荒ぶりを受け止めてくれたが、何度目かで体が傾いでしまって隣のクッションに座ったウィリアムにこてんとぶつかってしまった

あなたも好きかも:六のつく日 スロット 北海道
そろりと顔を上げると、ウィリアムがぎくりとしたようにこちらを見る

あなたも好きかも:スロット 電球
「ネア…………?」「むぐ、はしゃぎ過ぎました

ぶつかってしまってごめんなさい」「……………いや、喜んでくれているみたいで嬉しいよ」「ふふ、ウィリアムさんも楽しんでくれていて良かったです

こんなに綺麗なものを見れたら、元気になってしまいますよね」微かに照れ臭そうに目元を染めたウィリアムに、ネアはそのはしゃぎぶりをさらりと肯定してみせる

ウィリアムのような魔物でも、この流星雨には心が弾んでしまうのだろう

そんなところを見られてしまって恥ずかしかったのだろうが、そんな無防備さが見れたネアは何だか嬉しかった

「フキュフ…………」「キュ………」なぜかふわふわもこもこ達がじっとりとした目をしているが、どうか無邪気なウィリアムも受け入れてあげて欲しい

「見て下さい、大きな星ですよ!」「………ああ、大きいな

…………おっと」「むぅ

……………どこかに落ちましたね」「やれやれ、落ちた方の集落に被害などがないといいんだが

あなたも好きかも:まどマギ スロット 穢れ
…………いや、あの辺りはもう廃墟か

大丈夫そうだな」「大きな星さんなので、重たかったのでしょうか」「…………フキュフ」「む?なぜにそんな目でこちらを見るのでしょう?何もしていませんよ?」その夜は、いつまでも見ていたい流星雨の下でネア達は流れる星が落ち着くまでずっと空を眺めていた

遠い砂丘の上を歩いてゆく隊列は、この星空に何を思うのだろう

やはり美しいと思い、見上げて瞳を輝かせてくれるのだろうか

ネアはふと、その隊列の先頭に一匹の二足歩行な猫がいるような気がしたが、気のせいだったのかもしれない

結局その後も、ウィリアムとあれこれお喋りしたり、ムグリスディノや黒ちびふわと遊んでいたりして、その夜はすっかり夜更かししてしまった

そうして、眠ってしまった素晴らしい夜の後、ネアが目を覚ましたのは夜明け前のことだ

「……………むぐる」まだ朝日も差さないくらいの夜明けの少し前の暗闇でぱちりと目を開いたネアは、あまりの寝苦しさにむぐぐぅと眉を寄せる