ラスベガス カジノ

ラスベガス カジノ

 その時にはもう、お互いしか見えていないほどに、集中していたのだ

 はじめに仕掛けたのはサヤ

 軽く跳ねるようにしつつ、ゆっくりと横に流れるように、動いていたと思ったら、次の瞬間、ディート殿のすぐ横にいた

あなたも好きかも:パチンコ デビュー 年齢
 ……っいや、違う! ディート殿の突きを、まるで風の流れを読むようにして避けたうえに、間合いを詰め……たと、理解した時にはもう、目が追えなくなっていた

 凄まじい、攻防……なのだろう

 素手と、剣

 男と、女

 体格差まで、あるというのに……サヤは、明らかに、磨きが掛かっていた

 まるで空を蹴っているみたいに、唐突に、身体が動く方向を変える

 拳と脚を駆使して動く

 移動と防御と攻撃が、繋がった旋律を奏でるが如く展開され、もうサヤに危険が及んでいるのかどうかも分からない

あなたも好きかも:スロット 昔 の 台
 そして気付いた時には、サヤが吹き飛んでいたのだ

「っ、すまん!」 焦ったディート殿の謝罪、けれどサヤは、そのままするりと身体を回し、気付けば立ち上がっていた

「平気です」 と、言いつつ、腹部に手をやっていて、一瞬顔をしかめたのが見えたら、もう駄目だった

「サヤ⁉︎」「あ、大丈夫です