名入れ バカラ

名入れ バカラ

(縁があるんじゃろうが、何がどう繋がっているのやら、わからんわい)そこで降臨という魔術や、昔、この世界で何があったかなんか知らない、まだ成人する前に出逢った、妹の様な親友と再会した

"偶然の再会"に驚きながらも喜んで、そんな中で調査を終え、王都に戻ったなら、直ぐにでもう一人の親友に報せてやろうと考えていたのに―――今は親友2人と、剣を交える事態になってしまっている

あなたも好きかも:ラスベガス スロット ジャックポット 確率
そして土の天使は、リコリスがジブリールを――ガブリエルを降臨するのを失敗させられた辺りから、沈黙をしながも再び不安を膨らませ始めていた

あなたも好きかも:燃えよ剣 スロット ゾーン
それは、後に招く大己貴命(おほなむち)と同じ様に心を固く閉ざしているようにも感じられた

(やれやれ、アルスに対する憂いが拭えたかと思えたのに、今度は"兄さん"の方が、か)アルスのアルセンに対して"尊敬する兄さん"以上を求めまいと努力をしているところに、感心していた矢先でもあった

("殴られる"どころか、ネェツアークと同じ様に"貫かれる"勢いじゃな)ただアルセンに貫かれるのは、今まで勝手にしてきた"過保護"で、怒らせても仕方がないとも思う

あなたも好きかも:ジャンヌダルク ブラックジャック
しかし、目の前にいる、緋色の衣装に身を包んだ"綺麗な存在"にされるのは御免被る

「何じゃ、"ウリエル"を降臨出来るワシが、自分だけを見てない事に嫉妬――"ヤキモチ"か?"ガブリエル?"」グランドールがそんな気持ちを持ちつつ、珍しく挑発したならば、"親友の魔力の抜けきった身体"に、負の感情を吸いとった水の精霊に満たされ、"堕天寸前となっているガブリエル"の瞳が、綺麗に驚きに瞬いた

(顔が"そっくり"でも違う、とはこういう事を言うのかのう

これはどうやら、ネェツアークの"読み"が当たっているようじゃなあ)高所に飛んでくる前、ネェツアークから通信機を渡されるついでのように、妹にように思っている"人"の正体の情報をテレパシーでもって、あの"浴室"と同じ様に、形が残らないように渡された

そして自分達の親友"アルセン"と、土の天使の親友、"ガブリエル"が行っている事の予測も伝えられていた

『アルセンも、ガブリエルも、"親友のエリファス"を救われる形で、"弔い"たいんだろうなあ