栗山 ぱちんこ

栗山 ぱちんこ

 しかし連載小説を選んだら、物語が終わるまで連載を続けることになります

 ですが閲覧数(PV)が少なくて、リピーターになっている人が数名しかいないのではないか

そう思われることが起こります

 そのときに心が挫けて連載が滞る書き手が多いのです

あなたも好きかも:パチンコ 当たり確率 計算
 でも連載を滞らせてはなりません

たった数名しかいなくても、あなたはファンを抱える書き手になったのです

ファンのためにも連載を続ける義務があります

 どうしても気乗りしないのなら、連載間隔を空けてください

毎日連載だったものを月水金の週三回にするとか土日にするとか週一にするとか

 とにかく絶対に連載を中断すべきではないのです

あなたも好きかも:バカラ 稼ぐ
一度連載を中断してしまうと、ファンがあなたから離れていきます

 あなたが売れっ子の書き手になったとき、過去作も当然読まれるのです

あなたも好きかも:ネッテラー pin
そのとき連載が中断している作品がゴロゴロしていたとしたらどうでしょう

読み手としては「今の連載もいつ中断されるかわからないな」と感じてファンが離れていくとは思いませんか

 だからファンが少ないと思われる作品は、十回くらいを目安にして連載を畳めばよいのです

 マンガ雑誌『週刊少年ジャンプ』は打ち切り作品の連載回数を九回か十回に設定していました