Stellar Spins

Stellar Spins

「っ!止めなければ!」「はぁ……イリアス、御主随分と腑抜けておるの」「なんだと!?」「対応がいちいち後手に回っておるではないか

そんなていたらくでは『紫』に後れを取るだけじゃ」「そんなことは――」「もうよい

ターイズ王はこうなることくらい想定ずみじゃ

ほっ、と」 金の魔王は私の腕から降り、歩き出す

そこに急ぐような素振りは全く感じられない

「お勤めご苦労

誰か呼んだ方が良いかの?」「いえ……自分達で治療できます」「損な役回りじゃの

あなたも好きかも:パチスロ シャドウハーツ 裏審判
イリアス、お主もついてこんか

妾はあまりこういった膳立ては好かぬからな」「……?」 金の魔王に言われるがまま共に移動する

あなたも好きかも:暴れん坊将軍 パチンコ 曲
確かに紫の魔王が彼のことを知れば、こうなることは明らかだ

あなたも好きかも:クズ パチンコ屋
この場を護る騎士達もこうなることを予期していたかのように、的確に防御していた

しかし陛下といえ、言葉で紫の魔王を止めることはできないはず

ならばこの先にいるのは……

「これは……何の真似かしら?」 進んだ先の通路で紫の魔王を見つける

その先にいたのは予想通り、ラグドー卿の姿