ジャラン パチンコ

ジャラン パチンコ

『敵を殺せ』か『屋上へ通すな』、あと他にあるとすれば『ラグネ・カイクヲラを守れ』くらいで―― ぺちゃりと

 また血の弾ける音が聞こえた

 『血の人形』は一歩も動いていないが、顔を動かしていた

あなたも好きかも:ラグランジュ スロット エンドカード
 私でなく、屋上へと続く階段を見ている

 表情は血塗れで全く窺えないが、何かを心配しているような感情を彼から感じた

しかし、名前も知らなければ、顔を見えない相手の真意は計れない

「いえ……

先へ……、行きましょう……」 その感情の行き先を理解しきれない私は、彼の正体を看破するのを諦めた

 それよりも、私は自分の役割を果たすのを優先すべきだ

あなたも好きかも:myme パチスロ
 接合したばかりの身体を動かして、『血の人形』に一礼する

あなたも好きかも:カジノ 必勝
 まだ歩くのは難しいが、部屋の壁に手を置くことで、なんとか最上階から屋上へと続く階段まで辿りつくことに成功する

 いましがた真っ二つにされた人間の動きではない

 いや、もう人間ではないのだろう

 身体を確認しなくてもわかる

 先ほどのダメージを境に、私は『半死体化』し切ったのだ

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……――」 ずるりずるりと蛇種特有の下半身を動かして、石造りの狭い階段を上がっていく

 壁に手をつき、血の息を吐き、傷口から血を失って、命を削り続け、血の中を少しずつ少しずつ、一段一段登っていく

 そして、その果てに私は辿りつく