パチンコ 白雪

パチンコ 白雪

と、心臓が普段より多めに血液を送り出した気がした

どくん……どくん……どくん、どくん——どくどくどく——と、次第にそれは脈を早くする

あなたも好きかも:パチンコ ウィンズ 沼津
不安? 恐怖? それとも困惑? 多分ゼロじゃないけど……けれど

僕の中にあったのは——「——はじめまして……じゃ、無いんですよね? ミラ=ハークスです! よろしくお願いします——っ!」「——っ! ああ——成る程……っ

これは確かに……頼もしい限りだ……っ!」————紛れもなく純粋な歓喜だった

そこにいたのはあどけない顔で僕に手を差し伸べた少女だった

初めて出会った時も、数々の困難を前にした時も

そして——今も————っ! ミラがまた——手を取ってと差し伸べてくれている

僕のことを忘れてるだとか、もう家族じゃ無いとか

あなたも好きかも:パチンコ レイヴ 保留
そんなの全部どうでもよくなるくらい、僕は嬉しくなってその小さな手を取った

小さくて、暖かくて

そして、すべすべしてて傷一つない手だった

——ミラだ——っ