花魁 キャバ

花魁 キャバ

「……なるほど」 大仰に頷き、ケイに寄りかかる大内さん

 彼はそれを避ける事も、戸惑う様子もない

「私を信用してくれないの」「勿論信じてる」 はっきりとした応え

 大内さんは大袈裟すぎる程の笑みで、彼を抱きしめようとした

 ただそれは未遂で終わり、彼女の顔が微かに歪む

「……何してるんだ」「女の子に頼られてる」「ナイフ突き立てられても、そう言えるか?」 突然二人の後ろから姿を現すショウ

 彼の手には、大内さんが持っていたらしい細長いナイフが握られている

「不良に絡まれた時、身を守るためさ

あなたも好きかも:マカオ カジノ オーナー
そうだよね、大内さん」「え、ええ」 ぎこちなく頷くが、視線は油断無く全体を見渡している

「仲間ならこないぞ

車のドアが開かないから」  駐車場の奥にあるワゴンへ目線を送るショウ

あなたも好きかも:スロット ストライクウィッチーズ 設置店
 大内さんはついにケイを押しのけ、一気に私達との距離を開けた

あなたも好きかも:小垣江 刈谷 パチンコ
「騙されたのは、私の方って訳」 皮肉めいた、強気な口調

 髪を束ねていたリボンが取られ、ウェーブの掛かった髪が左右にたなびいていく