卓上型 パチンコ

卓上型 パチンコ

 それがタメになる小説か、なんの共感も抱けない作品かを左右します

小説にはテーマが不可欠 これまでも「テーマ」について幾度となく書いてまいりました

 読み手が小説を読むのは、提示された「テーマ」が自分のタメになるかならないかを吟味し、タメになると思っていれば先を読むのです

 前回「小説はサバイバルブック」だと書きました

それも「物語世界を生き残る術を書いた書物」としての小説の一側面です

あなたも好きかも:グリンピース パチスロ
そこはどのような世界で、どのような脅威に満ち、どのように撃退すればよいのか

あなたも好きかも:美麗 スロット 中古
その手順が記されている書物こそ、あなたが読んでいる小説だからです

 このように「サバイバルブック」であれば「生き残る術」を知るために書物を読むきっかけを作れます

あなたも好きかも:コジマ 電気 ゲーム機 売っ てる
 物語には他にもさまざまな「テーマ」があります

「恋愛」なら「恋愛成就」もあれば「悲恋」もある

「推理」なら「密室殺人」もあれば「時間差殺人」もある

 これらは「テーマ」というより「題材」です

しかし「テーマ」はもっと根源的なものになります

「恋している人に受け入れられたい」「強い者は凶暴な者から人々を守らなければならない」中には「推しに武道館でライブしてほしい」なんてものもありましたね

 人々は「テーマ」に「願望」「規範」を求めます