スロット はいふり 評価

スロット はいふり 評価

「ちゃんと考えてなんとか言葉にしなさい、手伝ってあげるから

アンタのそれは不安じゃ無いの? あんなに大勢とすれ違ったのに誰も覚えてない、悔しい

そんな的外れな感情が上から被さってて、その下では面と向かった筈の相手を覚えてないって不安が燻ってる

違うなら……まあ、その時はちゃんと説明しなさい

もしそうだって言うのなら、それはまだその人と面と迎えて無かったってことよ」「…………? ん……? いや、なんかおかしなこと言ってるなお前

あなたも好きかも:プラネット スロット
あの男の人とは……そりゃすぐに押し流されちゃったからさ、そう長い事顔も見てないし俺からは何も言葉を掛けてない

でも、実際にあの人の事を考えて、不安になって

あなたも好きかも:スロット 北斗 天昇 天井
もしかしたら……って、助けたいって思って……」 そこがおかしいのよ

あなたも好きかも:パチスロ てつ ブログ
と、ミラは視線の下がっていた僕の眉間を指で弾いて、そして大きなため息を一つつくとすぐにもう一撃を僕のおでこにかましてきた

い、意外と痛いっ

「アンタはその人の事を考えてなんて無かったのよ、実際には

別に責めるわけじゃ無いわよ、薄情だとか言うつもりは一切無い

アンタの中には自分の事と私の事との二つの不安があった

押し流されてる時ちょっとでも良い考え……前向きな感情を抱いた? ここのお店のご飯は美味しそうだなぁ、なんて呑気な考えがちょっとでも浮かんだ?」「いや……それは…………浮かばないけど……」 そりゃ浮かぶわけが無いよ、それどころじゃ無いんだもん

置いていたフォークをまた手に取って柔らかく煮込まれた甘い味付けの芋を口に運ぶミラに、僕はやっぱり何も自分の中の感情に整理がつかなくて言葉を吐きあぐねていた

「もぐむぐ……アンタはその人の事を不安に思ったから助けたいと思ったわけじゃ無いのよ