ラッキーニッキー 評判

ラッキーニッキー 評判

いいねー、その反応っ」 愉快げな雰囲気に、優樹は「……ん?」と顔をしかめた

 なんだか……馬鹿にされているような気が……

「私のこと、聞いてる?」 突然、笑顔で訊かれ、優樹は「え?」と顔を上げて和美を見ると、すぐに俯いて、また目を泳がせた

あなたも好きかも:スロット 前日凹み台
「え、と……その……昔、お付き合い……してた、って……」「あ、聞いてるんだ?」 和美は少し微笑んだ

「短い間だけだったけどね」「……そ、そう……なんです、か……」「誘ったのは私

で、フラれたのも私」 「あーあ」と、どこか不愉快げな空気に優樹が「……え?」と顔を上げると、和美は苦笑して見せた

「突然フラれたのよ

好きな子が出来たからって

あなたも好きかも:愛媛 パチンコ 掲示板
酷いよねー? そう思わない?」「……あ、……は、はぁ……」 よくわからずに、ただ返事だけをして目を逸らす

それでも、和美は構うことなく続けた

「流って、結構勝手でしょ?」「……あ、……はぁ……どう……だろ」「あ、今からわかって来るよ、きっと」「……はぁ……」「勝手だし、ドタキャンとか平気でするし、ブツブツうるさいし、女々しいし」「……」 ……そ、それは……どうかな……?「ま、いいトコもたくさんあるけどね」「……」 ……う、うん……

「あっ、あのクセ、治ってる?」 心の中で返事をしていた優樹は「……えっ?」と少し目を見開いて慌てて顔を上げた

「知らない? こめかみのトコ、よく掻くんだよ

昔、それ注意したことがあったの

そこだけね、変なアザになってたから

今も残ってると思うんだけど」 自分の右側の額を軽く掻くふりをする和美に、優樹は目を泳がせながらも首を傾げた

「……あ、全然……し、知らないです……」「ホント? じゃあ、治ったのかなぁ」 目線を上に向けて考え込むような素振りを見せる姿を視界の端で捉えながら、優樹は「う……」と、戸惑って俯いた

 ……は、早く誰か来て……